スポンサードリンク

新世界王の権威/Volzeos-Balamord
(シンセカイオウノケンイ/ヴォルゼオス バラモルド)

表示順:
総合評価:
 タップされない3色のマナとして使える上、Gストライクによる防御を兼ねているのは、優秀だと思います。 (22/02/08)
 5cありきのカードになっているため構築の幅は狭いですが、3色カードをアンタップしてマナにおけるため獅子王で大量ブーストして一気に決めきることができる優秀なカードです。各パーツ自体もGSを持っているため最低限仕事はしてくれますし、Balamordサポートして使えるため悪くないです。パーツとしてはこの色が一番弱いためあまり他のデッキに出張することはなさそうですが、それはあくまで今の段階ではの話で、今後次第では権威のみ採用するデッキも出てきてもおかしくありません。 (22/01/03)
 〇強いところ④:色が強い。唯一青を持つ思想が一番強く、唯一緑がない権威が弱い(個人的見解)。あとアンタップできるの、あれズルです。獅子王が壊れます。  〇弱いところ⑤:クリーチャー単体のパワーはえげつないが、セル1枚としてみた時のカードパワーがありえないくらい低い。ホーガンブラスターなんかから捲れても何も起きないのが悲しい。 (21/12/20)
 積むとすれば残り2種も搭載して5cにしないと、しんどそうな色はしている。デイガは。まあでもトリコロールだと実用性が高すぎるかなあ。 (21/12/18)
 オマケ効果のマナへのアンタップインが非常にありがたいです。安定して獅子王の遺跡の3ブーストやフェアリーミラクルの2ブーストができます。マナからも召喚できるので、結構簡単に出せるのも魅力です。あえて欠点を述べるとするならば、ATでのハンデスをしてもワールドブレイカーで大量手札補充される点でしょうか。それもGストライク強化効果によってそうそう逆転を許さないのですけれども。総じて使いやすく強いカードでした。 (21/12/18)
 セルがGストライクとマナアンタップインしかないけどそれでも3色ある故にめちゃくちゃ強く感じる (21/11/20)
 デッキスロットは食うが序盤の色基盤になり、すべてのディスペクター指定のアタックチャンスが使える、必然的に受けが多くなる点など、弱点を加味したうえで非常に強力だと感じた。 (21/11/20)
 思ってたギミックとだいぶ違うけど、シンプルにめちゃくちゃ強いなあ。やたら枠を取るのが気になるけど、受け札とマナ基盤を兼ねているので無駄がない。これ自体が色を捻出できるので2色のデッキにも出張採用できるのは盲点で、5cのフィニッシャーだけではなく広く活用できる気がする。 (21/11/19)
 受けと攻めの両立、多色カードのプレイしやすさが絡んで見た目の1000倍強かったです。 (21/11/19)
 カードとしては強いと思うがデッキスロットの確保が難しそうだとは思った。  実際出たら強いし無駄がないカードではある。 (21/11/19)
 GODで出せるかな? (21/11/19)
 10コストだったら倍強かった  でも強いデカぶつアンタップインマナ召喚GSと選り取り緑 (21/11/19)
 序盤のマナ色確保をしつつアンタップインするGS持ちでデッキの動きを全く阻害しない上で防御力もアップさせ、後半に大型フィニッシャーとして降臨させられる無駄のない強カード。 アンタップインだけを目的に投入されるデッキもありそうなかなりのパワーカード (21/11/19)
 GS+アンタップで置ける3色カードの時点で強いですね。汎用カードにフィニッシャーが付いてるようなものなので、ツインパクトに似た強さがあります。3枚要求とはいえブロックされないSA・ワールドブレイカーをマナから出せるのは中々やってる性能 (21/11/19)
 思ってた5000倍強かった (21/11/18)
スポンサードリンク