スポンサードリンク

ororo066さんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 龍装者 ジスタジオ
 王来篇のファッティ推しにマッチしそうでしなかったように思う(←個人の感想です)が、ロマノグリラとの組み合わせで前よりも輝く場面が増えそうですね。ドキンダンテ級の高パワーに殴り返される場面も増えそうですが。 (21/08/29)
◎ こういうやつは組み合わせ次第でなんでもできてしまうから怖いところがある。自身も対象になってるのは綿密なテストプレイしたうえでの判断と信じていいのかな?(サソリムカデを見ながら) (18/05/21)
 零獄接続王 ロマノグリラ0世
 ジスタジオと合わせて並べた際の元祖シャングリラ以上の強固な守りはおおよそのデッキを詰ませられますね。コストの高さ等がネックになるものの単体で相方となるクリーチャーを呼び出せる、いい感じに自己完結している能力なのでデッキ構築自体も楽しそうです。 (21/08/29)
 禁断英雄 モモキングダムX
 恐らく「レッゾ.Starの侵略と組み合わせて使ってね」ってことだと思う。この手の特殊なカードは正式な裁定が出たうえで実際に使ったり使われたりしてみないと本当の強さがイメージしづらい。元ネタのドキンダムも実際に使われてから評価がガラリと変わったのでこの子もたぶんそうなるような気がしないでもない。 (21/08/22)
 龍神メタル
 流石にこちらは新規の方が使い勝手は良さそうなので5枚目としての利用が主になりそうですね。デス(・フェニックス)が退かされた時の再リンク効果を重要視するなら…さすがに無理があるか。 (21/08/22)
 龍神ヘヴィ
 完全上位(?)が登場するのは気持ち的には複雑だけど、ヘヴィが最大8枚積めると考えると完全に使えなくなるということはないような気もする。 (21/08/22)
◎ 復帰してコイツが殿堂解除してるって聞いて純粋に喜んだ後、「ああ、4枚積んでもあの頃ほど強いと言えない時代になったんだ・・・」って気づいてしまった。しかし単体でも汎用性が高いのでグール展開の起爆剤、最近は第七神帝の進化元になる等使い道が増え、そういったデッキには無理なく入ると思います。 (17/10/23)
 霊宝 ヒャクメ-4
 漂うヤケクソ感。単純に色基盤、防御札も兼ねられるので雑に使っても良さそうですね。 (21/08/22)
 罪無 ズゴブ垓/堕呪 バケドゥ
 書いていること自体はどちらの面も平凡なものでありながら、魔導具という性質が加わることで見た目以上に汎用性が高くなっている。魔導具ってこういうところが使っていて面白いんですよね。 (21/08/14)
 ガル・ラガンザーク
 実際に使った感想としては「とにかくしぶとい」。呪文で選ばれないおかげで想像していた以上に場持ちが良く、何らかの魔導具を使うだけで飛び出てくるので相手にすると非常に厄介でした。 (21/08/14)
 轟音 ザ・ジェット V
 マッハファイター等と違って常時アンタップしているクリーチャーを攻撃できるドローソースになるのはそこそこ強力ではありますが、あくまでもクリム・ゾーンありきの性能なので▲寄りの○です。 (21/08/14)
 Dの侵略 クリム・ゾーン
 カードそのものはとても面白いものだと思う。ソニック・コマンドからレッドギラゾーンへの革命チェンジができなくなるのはマイナスだけど、そのレッドギラゾーン自身をコレで踏み倒せば後続が強化できるので相性が悪いとは言い切れない。ただ、展開した返しのターンに退かされると計算が狂うので依存しすぎるのは良くないかも。 (21/08/14)
 禁時混成王 ドキンダンテ XXⅡ
 「禁断」はいつの間に種族になったんだ…。  本題:重さが課題ではありますが、とにかくカードパワーが高い。組み合わせる呪文次第でいろんな理不尽を相手にたたきつけることができますね。実際友人にドルマゲドン・ビッグバンされて2体目が墓地から飛び出してきて…って感じにやられたときはまるで別のゲームをしてるみたいだった。 (21/07/25)
 龍の極限 ドギラゴールデン
 『こいつが破壊できるのはクリーチャータイプとしての「禁断クリーチャー」であって「種族『禁断』を持っているだけの普通のクリーチャー」であるドキンダンテやVol-Val-8は破壊できない』 ← そうだったんですね、教えていただきありがとうございます。だとするとカードの評価は〇ですね。すでに多くの方に言われ尽してる「弱くはないんだけど…」って感じです。 (21/07/25)
◎ 弱いことは書いてないのに同期のファイナル革命たちが(ちょっと違う方向に)強すぎて霞んでしまっていた子。ドキンダンテやVol-Val-8という新しい禁断が登場したことで今後除去効果が活かせる場面が増えるかもしれない。後者はジャストダイバーが厄介でしょうけど。 (21/07/25)
◎ ドギ剣見た後これを見るとほっこりする(感覚麻痺) あまり使われてないようですが早期に出せる確定除去付き3打点は普通に強い。他のファイナル革命が強すぎるんですよ。 (17/09/05)
 鬼ヶ羅刹 ジャオウガ
 Gストライクで相手の攻撃を止めつつ、返しのターンにノーコストで投げられる打点というデザイン好き。複数体並べられないわかりやすいデメリットがあるので採用は1~2枚で抑えるのが良さそうですね。 (21/07/25)
 暗黒破壊神デス・フェニックス
 メインとなるカードより取り巻きのパーツ(主に黒い決断とか)の方が高額になってしまう点に目を瞑ればデッキの創作意欲を掻き立てる素晴らしいデザインに仕上がっていると思います。 (21/07/25)
 禁断竜王 Vol-Val-8
 いろいろ盛られ過ぎててちょっと怖い。この子といいドキンダンテといい、ファッティをアホみたいに強くする方向性はE2期辺りを思い出しますね。 (21/07/25)
 雷乱接続 サンダニカ
 積極的に使うかはさておき、「ウェディングゲートで投げられる、盾を増やせるエンジェルコマンド」という要素自体は面白いと思う。 (21/07/10)
 尖骨縫合 アレグスカル
 「EXライフとジャストダイバーによる2重の除去耐性を持った青単色のデーモンコマンド」って書くと強そうに見えるけど、使うかと言われたらちょっと考えるな…。場に残りやすい進化元として使うなら悪くないかもしれない? (21/07/10)
 希望のジョー星
 マナロックが生き残ったのは今後強くなり続けるであろう多色デッキを対策させるためだと思っていたんだけど、多色デッキ側がこのカードを採用することによってマナロックを(ついでに致命傷レベルで侵略、革命チェンジも)対策しているからあんまり意味が無いというね。さらにはドルファディロムが凶悪な性能になること、今後も文明を使ったギミックが生まれても容赦なく潰されること、ゼロルピアが今まで通り使える等、知り合いが言っていた通りデュエルジョースターズが始まるのかもしれません。 (21/06/22)
◎ 入るデッキが限られるというデメリットがあるとはいえ、やっぱりこのカードは少々やりすぎ感がある。「強い」ではなく「壊れ」・・・と表現するのもなんか違うような、上手く言い表せない変なカード。 (20/08/09)
◎ ↓そうなんですね、ご指摘ありがとうございます。仰る通り裁定についてはしっかりと調べてから使うように心掛ける必要がありそうです。 (20/07/04)
◎ 「テキスト内のコストも色を失う」から革命チェンジ等は大丈夫かもしれませんね。いちいちややこしいテキストだなぁ・・・。 (20/07/04)
◎ まだ詳しい裁定はわからないけどパッと思いついた止まるギミックは革命チェンジ、侵略、マナドライブ、文明を指定する踏み倒し(サイキック、ドラグハート含む)・・・ゲームに与える影響デカすぎない? (20/07/04)
 サイバー・ブレイン
 まあ…時代が追いついてしまったってことなのかなと。嬉しいような悲しいようなちょっと複雑な感じ。 (21/06/22)
◎ もし殿堂入りに降格した場合、水の入るデッキにはほぼ確実に入りますね。「色さえ合えばどんなデッキに入れても活躍できる」という点がこのカードの1番の強みだと思います。 (19/01/31)
◎ 脱字:いろいろな調整版が現れました「が」~ (17/08/27)
◎ いろいろな調整版が現れましたこれの使い勝手を超えるドローカードは無いですね。もし帰ってくるなら真っ先にデッキに1枚突っ込みます。 (17/08/27)
 暗黒鎧 ダースシスK
 ノーコストで意図的に動かせるカードはいずれ悪用されてから規制されるという例がまた増えた。余談になりますが昔でいうアクア・パトロールのような突然の禁止措置や、ビックリ・イリュージョンや暴龍警報のように悪用される前に規制されるといった例はここ最近では全く見ませんね。 (21/06/22)
 不敵怪人アンダケイン
 遅延型のロックはゲーム的に快く思わない人も少なくないし、妥当な判断だとは思います。 (21/06/22)
 サイバー・I・チョイス
 個人的にはちょっと遅かったなって印象。ツインパクトの裁定がはっきりしたくらいに、あるいはナウ・オア・ネバーが登場するタイミングで規制されていてもおかしくはないくらいの将来性があったように思う。1枚使う分には良カードだと思いますね。 (21/06/22)
 裏切りの魔狼月下城
 多色過多なデッキを組んでも昔ほどの事故は起こさない安定した基盤を作れるようになった以上、余った2マナで3ハンデスできてしまうのは1枚制限でも脅威ですもんね。妥当な措置だと思います。 (21/06/22)
◎ 再録させて使用者を増やして様子見していたのかなって個人的に思いますね。この手のハンデスカードが殿堂に引っかかるのはデジャヴを感じます。 (18/01/28)
◎ 多色武装を組む理由はコレと獅子王の遺跡。過去にパックで再録したカードが間もなく殿堂入りした例もある以上、これも規制を受ける可能性が高い? (17/11/04)
 レアリティ・レジスタンス
 特殊な例(緊急プレミアム殿堂とか)を除いてジョークカードからの禁止措置は他にもあったっけ…?  本題:ちょっと意外枠。まあデッキによっては致命傷になりえるし、下の方が言うように商業的な理由が絡むならわからなくもないですね。 (21/06/22)
 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
 実際に5色モルトを組んで使ってみたところあまりの汎用性の高さに驚くばかり。ターンの始めにマナからデドダム出して、増えた手札からドルファディロム出して、攻撃時にマナからインカを出せばほぼほぼ相手の反撃手段を抑えられる。禁止化は流石に難しいだろうから最終グレンモルトとのコンビ殿堂が妥当ではないかと個人的には思ってる。 (21/06/20)
 魔王と天使のサイン
 踏み倒し範囲はちょっと狭いし、盾を減らす効果を最大限に活かすにはほぼ専用の構築が必要になるけど、ブロッカー付与自体は便利なこともありそう。でもやっぱり出せる範囲が…。 (21/06/20)
 復活と激突の呪印
 新デュエマ期に復帰して過去のカードを漁っている時に見かけた時はいい感じに調整の効いたリアニメイト呪文だなぁと思ってさりげなく集めていたけど流石に今はこの評価。緑という色を上手く使ってあげたいとも思うけど鬼札王国や灰燼と天門の儀式を見た後だとどうしても霞む。 (21/06/20)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク