スポンサード リンク

スタンダード : かげろう -

ザクロス前スタンダードかげろうの終着点

■デッキ作者:koutas28 さん向日葵の咲くように) / ■ガチ度:ガチ / ■対応レギュ:Pスタン Extr.FPスタン クランFスタン クランFGスタン クランF

■実績(自称):特になし / ■TOUGH DECK実績(vault):なし / ■vault大会実績:なし

■メインクラン:かげろう  ■メインカード:ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド幻焔

■タグ:

レシピ (ハッシュ:fa8bb8e2354a5a82ddd7323cccb08ef9)

項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
枚数 カード名 種類 Gr CLAN POWER SHIELD TRIGGER コメント
4 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド N 3 かげろう 13000  
4 ドラゴニック・ブレードマスター “双焔” N 3 かげろう 13000  
1 知略の兵法 剛腕の章 N 3 クレイエレメンタル 0  
4 バーサーク・ドラゴン N 2 かげろう 10000 5000  
4 ワイバーンストライク ドーハ N 2 かげろう 9000 5000  
3 ドラゴニック・バーンアウト N 2 かげろう 10000 5000  
1 パワーライズ・エリクサー Nオーダー 2 クレイエレメンタル 0  
4 ラーヴァフロウ・ドラゴン N 1 かげろう 8000 10000  
4 希望の火 エルモ N 1 かげろう 8000 10000  
4 ワイバーンストライク ギャラン N 1 かげろう 8000 10000  
4 ドラゴンモンク ゲンジョウ T 0 かげろう 5000 20000 治+10000  
4 ワイバーンガード バリィ T 0 かげろう 5000 0 引+10000  
3 槍の化身 ター T 0 かげろう 5000 15000 ★+10000  
3 アングリーホーン・ドラゴン T 0 かげろう 5000 15000 ★+10000  
2 魔竜導師 ラクシャ T 0 かげろう 5000 15000 ★+10000  
1 リザードソルジャー コンロー N 0 かげろう 6000 10000  
グレードノーマルトリガー
4
399
21112
11212
011617
331650
8
4
4
枚数 カード名 種類 Gr CLAN POWER SHIELD TRIGGER コメント
4 幻焔 G 3 かげろう 13000  
1 クイックシールド G 0 クレイエレメンタル 0  
イマジナリーギフト フォース 10枚 アクセル 0枚 プロテクト 0枚 

解説

ザクロスが出たらきっと全部が一新されちゃうだろうから、現状見えてるカードでの自分なりのかげろうの答えを。


ジエンド:
スタンかげろうの現最強カード
これ一枚で速攻、詰め、〆全部できる。
専用サポートもあり、相性のいいカードも見えてる。

難点として、手札をぶん投げるタイミングが難しいのと、最大火力にはソウルにオバロ要求な点
どのタイミングでどのスタンド効果を使うか、得るギフトはどちらにするか、戦況によってすべて変わってくるので、専用構築のつっぱ型じゃなければ、プレイング力が試されるカード。



双焔:
実質ノーコストでアタッカーを呼べる扱いやすいやつ。実際にはメイン時に手札2枚が必要だけど、ドライブチェックを行う回数を増やせる。=強い。ブラント以外でデメリットになることはそうそうないでしょう。
焼きができないオバロのかゆいところに手が届きそうなやつ。ドーハとギャらんがいなくても上ができ、いたら+で全焼きができる。抵抗は焼けるがプロミスは無理。
ドーハギャランをいつ並べて使うかがこれまた相手によって変わるので、ただ投げてやみくもに焼きをしていてもでかいのが来てひっくり返される場合がある。手札を温存するタイミングと攻めるタイミング、攻めを双焔がやるのかジエンドがやるのか見極めながら戦う。



剛腕:
つっぱされてやり返さなきゃいけない時に存分にコストを使って巻き返せる。
双焔V手札0からのトップドローでこれならコスト確保ができる。&ドーハまで引き込めたら巻き返せる。
順当にG2がCBを使えたらそれは良い流れなので、その時は双焔やジエンドのコスト。一気に点を入れられて巻き返さなきゃいけないタイミングであると嬉しい1枚として採用



バサク:
変なコストの使い方をしないので、入れない理由がない。

ドーハ:
主な運用はギャランのスペコ。22kは使ってる側は物足りないが、アタックされる側は地味にうざい。うまい人ほど、こいつにガード切ることが多い。
双焔で手札1枚CB1で全焼きできるカードと思えば破格じゃないかな。

バナウト:
どこでも焼ける点で軍配。先3でドーハ並べて全焼きするほどじゃない時の焼き要因。バサクのSB1が地味につらいときに。ドロップ戻しをコストとみるかメリットとみるかはそれぞれ。双焔で手札切ったり、G2時並べたドーハ殴られて落ちてたり、ラーヴァで切っておいたり、使おうと思えば無理しなくても運用できる。

エリクサー:
使うことは基本ないけど、ジエンドの締めに盛ったり、CB余るくらいならってところ。



ラーヴァ:
G3サーチ、Vでもいいの偉い。下2枚乗るのもったいないのに対し、こいつは積極的に乗っていきたい。単体13kになれるのでフォース1で23kなの良い。
このデッキはVをタイミングで選びたいのでかみ合いもよい。

エルモ:
リミテッド進出おめでとう。これでどんなデッキでもエルモと会えるね。

ギャラン:
スペコ先。単体13kになれるのもよい。ヒット時を使えることはあまりないけど、その分手札切ってくれるので、点止めVフィニッシュにつなげやすい。
Rヒットでもいいのはほんと嫌がらせの域。


トリガー:
8:4:4
双焔軸ならフォース2のドロ型にしたいけど。ジエンドとのかみ合いも考えると☆寄り。
☆9にしたいけど、完ガないのは無理。ジエンドつっぱするときはサイクオリア使って手札調整すること。
ジャンナット(?守護者☆)みえたら9:3にするかも。
どちらのVもドライブ回数を増やすタイプなので引いて強い☆で。
ヒール減らすのは、こういうデッキ組むときはナンセンスで。

FV:
コンロー
CB1はこいつのためにある。(2011年夏)



◆プレイング
・・・といっても対面、トリガー率、公開領域によってかなり変わってくるので、その都度変える必要があると思います。
なのでこのデッキは、勝つためにこの動きをする、というコンボやツッパなデッキではなく、状況によって最善手をその都度見つけ出すようなデッキです。
カード各々の動きをよく把握して、どのタイミングで使う使わないを見極める必要があります。


そんな中でも基本的なこととして、G3までは順当ライドします。G1,G2止めしたり、途中で変な動き(ノヴァのシャウトとか)は基本しません。

理想な動きとして、
1.ラーヴァライド、対面クランに対してG3探し。バサクライド予定&相手の干渉がないならエルモコール
2.バサクライド焼き&ドロー、エルモCC&ドロー、ドーハ→ギャラン。V→V、ドーハ→いやらしいところ。
3.双焔ライド、フォース1V、幻焔コール。幻焔→V、V→V。3点。残っているならドーハ→やらしいところ。
4.ジエンドライド、フォース1V、Rアタッカー1体コール。V単体→V、V→V。R→V
5.ジエンド再ライド、フォース1V。V→V、V→V、V→V。

以上。

必要札は、
ラーヴァ1
エルモ1
バサク1
ドーハ1(ギャラン1)
双焔1
ジエンド2

最低限これだけ。しかもほぼライド時にあればOK。
極論他はガード値でよいです。
というのは極の極ですが、デッキ構築の際に以上のカードを4積みし、余った枠にオーダーと使い勝手の良い焼きとしてバナウトを入れました。


ほかのクランのようにスペコやサーチ手段がないので、下手なカードを入れても上の動きの邪魔になるので入っていません。



不採用理由として

サーベル:
後攻が弱いヴァンガードで後攻で働く偉い子。
エルモ減らしてでも後攻ケアしたい、ギャランは呼びたいときにデッキに眠ってる、好きなG3はライドターンに引ける。って人はそれぞれ減らして投入してもよか。


オバロ:
80点のカード。常に90点の動きをしないと勝てない今のヴァンガードではほんのちょっぴり役不足。
ジエンド→オバロの乗り直しタイミングがあるともったいない。
腹をくくって全抜き。


ラオピア:
良カード。双焔との相性も良く、フィニッシュ火力も出る。デッキの上限が54枚なら入ってた。
こういうカードはやっぱりピン差しして、コンローで引っ張ってきて、V裏に置きたい。


カラミティ:
エリクサー抜いてこいつ入れたいんだけど、ソウルがほんとさみしいんよ。
それよりガード値欲しいぜってなったら入れるべきだけど、そもそも枠1なんで、ハナから頼ってないというか。




滝:
おしゃれピン差しはこのデッキには不要

イスハーク:
新しい子。G3枠、このデッキにはないかなぁ。剛腕はアシストできるってことで。


デカット:
能力すべて優秀。ピン差すくらいなら積みたいけど、積むには双焔ターン邪魔。
ジエンドがいなきゃ何もない汎用性の低さで不採用

スピルオーバー:
バナウト枠候補。焼かれたドーハの後、ギャラン前においてもいいけどブースト必須なのがネック。
Vアタック時とG2以下の制限にストレスも。
ソウル溜まる点はマル。

ストライケン:
正直悪くないと思うんだけど、V限ってところと、バサクが90点~95点に対してこいつは0or100点で9:1くらいの比率なので、安定して勝つためには厳しいかな。

フルアマ:
7枚で4枚探しに行くのは結構ストレス。
今流行りのこのコストはCBでも払える的な(CB1SB1のバサクと同じ)のだったらもうちょっと枠の取り合いしてたかもなぁ。
シナジーは結構あるものの、焼きたいときにコストが足りなかったり、13kになりたいときになれなかったり不安定なので不採用

ファージャ:
そこまでしてドーハ探しに行かなくてもよかったわ。
ブレマス用なだけあって焼きをブレマスに頼っているので、バサクを押しのけるほどではなかった。
パンプが空いてるR*5kだったらきっと採用されると思う。

ファヒーム:
幻焔と相性いいんじゃね?とも思ったけど、高火力Rより小回りきく焼きを優先。パワ-ゴマンサンゼン⁉とかだったら、ね。

ベリコ:
全焼き感知は強いんだけどなぁ・・・その場合お前の居場所ねえから(

ザリナ:
場残りするのが双焔と相性悪。最近ザリナ押しつぶし戦法を編み出したがSB2盤面-1して回収するのがエルモだったら何してんだかってなるわ。
あと単純にソウルが足りない。エルモくらい感知範囲広くてSB1なら潤滑油としてワンチャンあったかも。

バーンライズ:
双焔がズィーゲンだったら。

ガイアース:
こいつ打てる余裕があるならきっと打たなくても勝てる。

マンバス:
FVがコンローなら(ry

ジョゼ:
引完ガを減らさないので不採用

ソージャ:
パワーが欲しいならラオピア採用。戻しはバナウトが。ギャランはシラネ。ギャラン4枚落ちてるとかそこまで生き残ってるほうがすごいわ。

パープル:
バーンライズに同じ。20k魅力的だけど、でもそれだけ。ターン1ついてなかったらジエンドのお供に。



ってな具合。



理想の動きで使うコストが

バサクCB1SB1
ドーハCB1
ギャランCB1(使えないけど表である必要)
双焔手札2(実質±0)
ジエンドCB1SB1 *2、手札3(実質1)

計CB5、SB3

ときれいな感じに。

+でエルモCC、再ライド時の双焔がソウル1、使ってないギャランCB1が浮いてきて、
バナウトでCB1、ドーハもう一回でCB1が、ブレ幅かな。



結論、強いカードぶっこんだ感満載だけど、実際そうなるからしょうがないよね。


これにてザクロス前かげろう構築論、閉幕となります。
お次はザクロス見えて、THEオバろうとなったかげろうのデッキ構築する際にお会いしましょう。

お読みいただきありがとうございました。

変更履歴

2020/05/19 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新
2020/05/18 更新

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク