スポンサード リンク

BRクラシックルール - ver.koutas28 - ロイヤルパラディン : 宝石騎士

「伝説の文化祭」を観て、ふと、過去の遺産を掘り起こしてみた。・・・つもりだったが。眼前に現れたのはかつて見た事の無い美しき原石。その魔力に引き寄0304られるかのように は震える手を伸ばした……

■デッキ作者:koutas28 さん向日葵の咲くように) / ■ガチ度:ややネタ / ■対応レギュ:Pスタン Extr.FPスタン クランFスタン クランFGスタン クランF

■実績(自称):特になし / ■TOUGH DECK実績(vault):なし / ■vault大会実績:なし

■メインクラン:ロイヤルパラディン  ■メインカード:宝石騎士アシュレイ宝石騎士アシュレイ“Я”

■タグ:

レシピ (ハッシュ:fa3a5a60afe10651e0287daf8495c5e3)

項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
枚数 カード名 種類 Gr CLAN POWER SHIELD TRIGGER コメント
4 純真の宝石騎士 アシュレイ N 3 ロイヤルパラディン 11000  
1 導きの宝石騎士 サロメ N 3 ロイヤルパラディン 10000 ECB 
1 敢然の宝石騎士 ジュリア N 3 ロイヤルパラディン 10000  
1 哀哭の宝石騎士 アシュレイ “Я” N 3 ロイヤルパラディン 11000  
4 宝石騎士 とらんみー N 2 ロイヤルパラディン 8000 5000  
4 連携の宝石騎士 ティルダ N 2 ロイヤルパラディン 9000 5000  
1 悲愴の宝石騎士 オウェイン N 2 ロイヤルパラディン 8000 5000  
1 教条の宝石騎士 シビル N 2 ロイヤルパラディン 8000 5000  
1 共闘の宝石騎士 ミランダ N 2 ロイヤルパラディン 9000 5000  
1 友愛の宝石騎士 トレーシー N 2 ロイヤルパラディン 9000 5000  
4 宝石騎士 めるみー N 1 ロイヤルパラディン 6000 5000  
3 閃光の宝石騎士 イゾルデ N 1 ロイヤルパラディン 6000 0  
1 召集の宝石騎士 グロリア N 1 ロイヤルパラディン 6000 0  
1 厳戒の宝石騎士 アルウィーン N 1 ロイヤルパラディン 6000 5000  
1 必中の宝石騎士 シェリー N 1 ロイヤルパラディン 7000 5000  
1 哀悼の宝石騎士 ウリエン N 1 ロイヤルパラディン 7000 5000  
1 宝石騎士 ぷりずみー N 1 ロイヤルパラディン 7000 5000  
4 炎玉の宝石騎士 ラシェル T 0 ロイヤルパラディン 5000 10000 ★+5000  
2 熱意の宝石騎士 ポリー T 0 ロイヤルパラディン 5000 10000 治+5000  
1 専心の宝石騎士 タバサ T 0 ロイヤルパラディン 5000 5000 引+5000  
1 宝石騎士 ぐりとみー T 0 ロイヤルパラディン 5000 10000 醒+5000  
1 大望の宝石騎士 ティファニー N 0 ロイヤルパラディン 5000 10000  
4 宝石騎士 ノーブル・スティンガー T 0 ロイヤルパラディン 5000 10000 ★ +5000  
2 宝石騎士 ひるみー T 0 ロイヤルパラディン 5000 10000 治 +5000  
1 宝石騎士 セイクリッド・ユニコーン T 0 ロイヤルパラディン 5000 5000 引 +5000  
1 宝石騎士 オプト・ハーピスト T 0 ロイヤルパラディン 5000 10000 醒 +5000  
1 青雲の宝石騎士 ヘロイーズ N 0 ロイヤルパラディン 5000 10000  
1 導きの賢者 ゼノン N 1 ロイヤルパラディン 6000 5000  
グレードノーマルトリガー
4
377
21212
11313
021618
341650
8
2
4
2
イマジナリーギフト フォース 10枚 アクセル 0枚 プロテクト 0枚 

解説

森川構築ゼノン祭りじゃイエーイっ!

なんて思って蓋を開けたらビックリ!!
なんとBP中にG1スペコ出来るのって「軍旗の騎士 コンスタンス」しか無いんよ。驚きだね。
ブーケワロスさんまだ居ないでやんの。はよこいさ。

ってかさ、
え?ロイパラCB管理くそムズくね??????????

いやさ盤面1枚=CB2だった環境なのはうっすら覚えてるけど…。こんなんスペコ出来て1~2体やん?ようみんなこれでロイパラ回しとったな。
れもね互換もまだないし、ベリコでさえないでやんの・・・まじロイパラどうなってたの??



とまぁ、サンクを組むつもりだったのですが、無難なところ宝石騎士を組んでみました。


いやあ、色とりどりの宝石は良いね。これなら胸を張って送りだ0304r……











いやね、だって、LBしてなんぼだし。
LBしないならガンスガンスレボリューションしてたほうが強いから。
で、LBするならアシュレイのBRがサイ強だし。
なら、とら&めるは確定4枚だし(ん?BRに自爆は合わないか????ま、いいや)
あとは最強むーぶするためのティルダが確4。

そこまで入れたらあとは1枚ずついれたらキレイに収まりました。美しい。
トリガーも☆上限8だから、どうせなら醒もいれてみました。せっかくVシリーズじゃないんだから、ね。
FVも2種あるのでその日の気分で選べます。まるでアクセサリーのよう。


そんな感じで組むと、49枚。

なにこの狙ったかのような、「あと1枚」。
もう、入れるっきゃあ、ナイでしょ。あのサイ強ユニットを。




「ゼノンは添えるだけ」




コレ、テストに出るんで。



まぁ、実際の話、アシュレイ→アシュレイしたときにBR発動待機させて、ティルダでゼノン呼んで、ゼノンで捲ってサロメとか乗っけてWBRカマしたりなんかしたら、めっちゃ気持ちいよねっていう。
え?アシュレイ重ねるわけだから、あってもデッキにG3が5枚しかないじゃないかって??


・・・1枚アレば十分でしょ???だって捲るのトップ1枚だけだし。

サイクオリア持ちの貴方なら、ユニットの呼ぶ声くらい聞こえて当然よね。さぁ、みんなで決めようダブルブレイクライド!!


あ、それともあれかい?乗ったアシュレイに対してさらにティルダ噛まして、ダブルと言わずクアドラプルブレイクライドをしたいって??欲張りさんだなぁ、もぅ。
そんな貴方には、このレシピをば。
http://cf-vanguard.jp/deck158502.html

とこんな感じで組んでみた、、、というよりは思いに耽ってみましたが。


このレギュレーションを組むと、あぁこんなカードあったなぁって懐かしくなる。
収録パック毎にG3から追加していくんだけど、さすがロイパラ。ほとんどの弾で収録されてるや。の割に各弾の収録カードはこれだけだったっけ?ともなるし、いろいろ思い返せて面白い。

LB環境だとやっぱり宝石騎士寄りだね。
アイチがゴルパラ使ってた時期だもんね・・・あれは、「嫌な・・・事件だったね」。だいたいヴォイド(マスターじゃない)のせい。ぬばたまは封印されて然り(違。
これが第一次アイチロスト。第二次はBRクラシック環境後、つまり魔のシングアビスとかいう2大サイクオリア持ちのメインクランユニットを櫂クオリアによって我が物顔でドヤァしてた双闘-レギオン環境。(俺もシングアビス回してみたかった・・・)大惨事もとい第三次はネオンメサイア後の東京大会ですね。ヴァンガードは人こそ(あまり)死なないが、失うものは多すぎた。
そして最後の希望、立ちヴァンの最終回。たーくがるとエターナルウイングは今でも構築を模索するほど。これにて閉演。

何が言いたいかというと、コーリンのロイパラも良いけど。ガラハッドは似合ってるし、宝石も良いカテゴリーだし。でもやっぱりロイパラはDAIG(っじゃなくてアイチに使ってほしいと思うよ。うん。
だってコーリンはエイゼルでしょ。極限突破のときからずーっと言ってる。この点はVシリーズGJ!



今回は宝石騎士を組んでみましたが、多分このあとはサンクの構築をしてると思います。

でもきっとメインユニットはゴルヌマン。


行けっ!ゴルヌマン!かっこいいぞ!!ゴルヌマン!!


・・・ゴルヌマンがゲシュタルト崩壊してきた・・・。





最後に。

このデッキに名前をつけるなら、そうだなぁ。


「殺戮の女王-Reine du massacre」




以上!!
ご覧いただきありがとうございました。








以下、BRクラシックルールについて。


レギュレーションに関しては、私としては指針程度で良いのかなと思っています。
もし、カオブレで戦いたいのに・・・っ、って人がいたなら私はウェルカム、一言言っていただければ結構です。
逆に、カオブレとは2度と戦いたくない、Vスタなんてヴァンガードの暗黒期だ、って方もいるかもなので、そういう方には必要なルールでしょう。
どちらにしても、楽しむ目的の特殊ルールなので、勝敗を決める本気のファイトでも、なりきりキャラファイトでも。


私は、楽しければオッケーっ!です。


対戦よろしくおねがいしますっ ありがとうございましたっ




以下、考案者 opheria9641 さん の引用です。
http://cf-vanguard.jp/deck250661.html

・はじめに
この遊び方は私が古いカードだけで行うヴァンガードも面白そう、と思って考えたものになります。
ですので今のところ私の中でだけ通用する遊び方です。完全に私の自己満足です。
ブレイクライド時代までのヴァンガードが好きだった、という方の目に留まったらうれしいです。できればこの遊び方を広めていきたいと思っています。
http://cf-vanguard.jp/forum/read.php?FID=1&TID=167 こちらのスレッドでもBRクラシックについての雑談や意見交換を行えます。よろしければこちらもご利用くださいませ。

使用可能カード一覧
ブースターパック第15弾 「無限転生」まで
エクストラブースター第10弾 「歌姫の二重奏」まで
トライアルデッキ第13弾 「神器の伝承者」まで

PR/0190 《機神将・ギガロード》までのPRカード
MB/007 《見習いアイドル カレン》までの月刊ブシロード付属カード

レギオンやストライド、イマジナリーギフトといった複雑な要素がないため比較的シンプルなファイトが楽しめる環境になると思います。
リミットブレイクが中心になるためダメージの管理も重要になります。
詳しい使用可能カードについては私のアバウトも参照してくださいませ。

・アニメで言う「リンクジョーカー編」までのカードが使用可能カードとなります。

・カードの使用制限は2014年2月1日時点の物をベースに適用 通常の物とは一部違いがある
【使用不可】:《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》
【1枚まで使用可】:《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》、《ギャラクシー・ブラウクリューガー》、《全知の神器 ミネルヴァ》、《蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン》、《Duo 魅惑の瞳 リィト》、《ドーントレスドライブ・ドラゴン》
【合計2枚まで使用可】:《永劫不敗 アシュラ・カイザー》、《最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》、《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》、《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》、《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》
【FV使用不可】:《ばーくがる》、《リザードソルジャー コンロー》
【検討カード】:《メカ・トレーナー》

使用制限をかけたカードは「ツインドライブ!!」を失わずにヴァンガードをスタンドさせる能力を持つカードが中心です。
《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe‐birth”》と《コマンダーローレル》は能力を使うと殴れるリアガードがほとんどいなくなるため規制をかけなくてもいいと判断したためリストにありません。
同様に《Mr.インビンシブル》と《忍妖 クラマロード》も能力発動が厳しいため規制をかけていません。
《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》は少々強すぎてずるいので制限をかけています。
《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》と《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》も純粋に汎用性が高いため制限をかけています。
《メカ・トレーナー》は汎用性の高さとスパイクブラザーズのはまった時の爆発力を考慮して規制カード候補に入れています。

・クラン制限はなし、単独クランデッキ、混合クランデッキともに自由に構築可能

・その他のルールや裁定も極力当時の物に合わせる
(グレード3もシールド0扱いでコール可能 ヴァンガードのグレードより上のグレードのカードはコール不可 など)

・引き直しの際は手札を山札に戻した後シャッフルし同じ枚数のカードを引く
(山札に戻したカードと同じカードを引く可能性がある)

・グレード4以上のカードは使用不可能
(《学問の体現者 シルベスト》と《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》が使用不可能 後者はちょっとずるいため使用不可能にします)

・クリティカルトリガーは8枚まで使用可能
(当時はクリティカルトリガーの採用率が非常に高くデッキの多様性が損なわれると思ったためこのルールを設けました)

・Vシリーズのカードはたとえ同名のカードであっても使用不可能
(例1:Vシリーズの《ドラゴンモンク ゴジョー》は使用不可能)
(例2:Vシリーズの《挺身の女神 クシナダ》(ドロートリガー)は使用不可能)
(例3:Vシリーズの《ふろうがる》(クリティカルトリガー)は使用不可能)

・異なる能力の同名カードは全て一番最初に登場したものとして扱う
(例:BT15/004版の《ドラゴニック・オーバーロード》はTD02/001版と同じものとして扱う つまりブレイクライド版《ドラゴニック・オーバーロード》は存在しない)

・レギュレーションについて
BRクラシックでは「スタンダード」「エクストリームファイト」の2つのレギュレーションが存在します。
どのレギュレーションもクランファイトではないため混合クランデッキも自由に構築することができます。
スタンダードは上記の使用制限を適用し行うレギュレーションになります。
一方エクストリームファイトは2014年2月1日時点の使用制限を忠実に再現して行うファイトになります。
(《ばーくがる》、《リザードソルジャー コンロー》のFV使用不可 《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》は2枚まで使用可能)
エクストリームファイトでも「グレード4以上のカードは使用不可能」というルールは適用されるため《学問の体現者 シルベスト》と《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》は使用不可能になります。



基本のレギュレーションはスタンダードでありエクストリームファイトは派生レギュレーションといった感じになります。
対戦前はお互いにどのレギュレーションのデッキかを説明しておくことをお勧めします。

変更履歴

2020/01/17 更新
2020/01/17 更新
2020/01/17 更新
2020/01/17 更新
2020/01/17 作成

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク