スポンサード リンク

残夜の撃退者 コンラで遊ぼう!!

オグマとイルガン・ヴェートの2枚の相性の良さを最大限引き出すための構築

■デッキ作者:田中なる さん  / ■ガチ度:ネタ / ■対応レギュ:クランファイトクランファイト+未発売エクストリームファイト+未発売

■実績(自称):特になし / ■TOUGH DECK実績(vault):なし / ■vault大会実績:なし

■メインクラン:シャドウパラディン  ■メインカード:暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン天空を舞う竜 ルアード

■タグ:

レシピ (ハッシュ:f1d9c2d0cddb036b0f58bd9fd57f8931)

項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
枚数 カード名 種類 Gr CLAN POWER SHIELD TRIGGER コメント
4 覚醒を待つ竜 ルアード N 3 シャドウパラディン 11000 最強カード 
1 鋭牙の魔女 フォドラ N 3 シャドウパラディン 9000 コスパいいよね 
4 竜刻魔道士 モルフェッサ N 2 シャドウパラディン 9000 5000 ガード強要。 
3 詭計の撃退者 マナ N 2 シャドウパラディン 8000 5000 アド稼ぐ要員 
3 暗闇の騎士 ルゴス N 2 シャドウパラディン 10000 5000 ホエルとの調整枠 
4 アビサル・オウル N 1 シャドウパラディン 7000 5000 最強カード 
4 竜刻守護者 エスラス N 1 シャドウパラディン 6000 0 便利 
2 黒翼のソードブレイカー N 1 シャドウパラディン 6000 5000 1回使えるとかなり楽になる 
2 撃退者 ダークボンド・トランペッター N 1 シャドウパラディン 6000 5000 マナでオグマのコスト要員を呼ぶ候補の中で一番良さそうな枠 
2 黒鎖霊舞陣 カエダン N 1 シャドウパラディン 7000 5000 単純に5kパンプの2回アタックはデカイ 
2 ダークハート・トランペッター N 1 シャドウパラディン 7000 5000 スペクトラル時に、盤面にアビサル、カエダンを更に増やせる要員 
3 残夜の撃退者 コンラ N 0 シャドウパラディン 4000 10000 初回超越はオグマに乗りたいため、序盤でかなりの回数使う 
4 ベリアルオウル T 0 シャドウパラディン 4000 10000 ★ +5000 この軸だと超越ボーナスで呼ばないことが多いかも 
3 跳躍の騎士 リガン・ルミナ T 0 シャドウパラディン 5000 10000 ★ +5000 お好みのクリティカル枠 
3 ハウルオウル T 0 シャドウパラディン 4000 5000 引 +5000 ソウルインすることは稀だと思うから3枚 
2 氷結の撃退者 T 0 シャドウパラディン 5000 5000 引 +5000 マナで持ってこれるカード 
4 イリーガル・アルケミスト T 0 シャドウパラディン 5000 10000 治 +5000 お好みのヒールトリガー枠 
グレードノーマルトリガー
4
355
21010
11616
031619
341650
7
5
4
枚数 カード名 種類 Gr CLAN POWER SHIELD TRIGGER コメント
2 黒炎をまとう竜 オグマ G 4 シャドウパラディン 15000 初回超越で乗りたい。 
4 天空を舞う竜 ルアード G 4 シャドウパラディン 15000 オグマ、スペクトラルのコスト要員 
3 暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo” G 4 シャドウパラディン 15000 ハンドアドを取るための最適手段 
2 暗黒騎士 イルガン・ヴェート G 4 シャドウパラディン 15000 1回乗るのが限界だと思う 
4 暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン G 4 シャドウパラディン 0 15000 単純明快な強さ 

解説

アビサル・オウルやコンラを序盤からバンバン使ってルアードを引きたい
ルアードの超越コストとしてアビサル・オウルを優先的にデッキに戻す
初回超越からオグマに乗りたいので調整が難しいかも。その点でやはり先行がかなり有利だと
初回オグマに乗れない場合ルアードに乗りましょう。効果を使わなくてもいいかも


<<このデッキの戦法>>
スペクトラルで相手とのハンド差を広げることが重要。

ルアード軸での全体的なイメージとして、勝つためにリスクを負って攻めるのではなく、負けない様に相手よりもハンドアドバンテージを得ることが肝!!
3回超越した頃には、相手が瀕死状態になっているか、ルアードの攻撃を守るために大量ドローでデッキアウト寸前になっているため、オグマの効果で不用意にG1を展開する必要はない。

暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”の不採用の理由は、現環境では手札からガードせずとも、Gガーディアンなどで対応でき、アドバンテージには繋がりにくいため不採用としている。バトルフェイズ中に退却コストが3枚必要である点も不採用の原因でもある。
その点では、スペクトラルは合計で3枚必要ではあるが、メインフェイズ中に1枚かつバトルフェイズ中に2枚であり、退却のタイミングがバトル終了時であるため、スタンドトリガーを引いた場合、前列を残し後列2枚退却という選択肢もあるため、デメリットを最小限に抑えることができる

ルアード軸のカウンターブラストは、山札からスペリオルコールや立ちV、オグマでの相手に干渉する効果であるため、基本的に手札が増えることに繋がっている。従ってアビサル・オウルのカウンターチャージ自体が手札増強であるといっても過言ではないため、超越ボーナスでのスペリオルコールや超越コストは、なるべくアビサル・オウルを使いアドバンテージを稼ぐことに専念しよう。

変更履歴

2017/04/27 更新
2017/04/21 更新
2017/04/21 更新
2017/04/16 作成

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク